FC2ブログ

女声合唱団 プリマヴェーラです

埼玉県さいたま市内で活動中の女声合唱団

プリマヴェーラってこんな合唱団なんです!

"子どもの幼稚園のママさんコーラスの延長"みたいのじゃ物足りないのよねぇ…
って方はいらっしゃいませんかっ?!
これまでの演奏曲♪をご覧になったら分かりますように、プリマヴェーラでは近年ミサ曲やオペラの歌曲を主に演奏してきました。
一見取っつき難く、難しいように思われますが…ぁ確かに、いつも新曲の楽譜をもらい音取りを始めると、へっ!マジ?!ムリムリ!!なんて思うような難曲なんですけど、あら不思議!練習を重ねて行くと、誰でも、間違いなく、歌えるようになるんですよ!!
しかもメンバー全員、本番では暗譜で歌えるようになっています。
ぁ本番で楽譜を持つ持たないはあくまでも本人の判断なのですが、ぶっちゃけこの楽曲で高齢になりつつあるメンバーにおいて、かなりの快挙だと思います!
その秘密は多くの経験を重ねスキルを持ち合わせた、現役のテノール歌手である小原啓楼先生の熱く細やかな指導にあります。
演奏曲だけでなく、テクニカル面や表現においても、おそらく他の合唱団では決して経験できない本格的な合唱経験となっているのです。

"でも楽譜も読めないし~”と言う方だって大丈夫です!
現にこれを書いてます管理人、最終音楽教育は中学校でした。(高校では美術選択w)
初めてプリマヴェーラの稽古場の見学に訪れたときは、モーツァルトのあの長~い『Missa brevis』の練習中でした。
それまでミサ曲をちゃんと聞いたこともなく、勿論楽譜を見てもあっという間に迷子になりw何にも分かりませんでしたけれど、「この美しい曲を歌えるようになりたい!」そう思いましたし、それがきっかけでした。
少しの好奇心と、「こんな曲を歌いたい!」、「こんな風に歌いたい!」、「ここをもっと出来るようになりたい!」そんな"もっともっと!"な思いがあれば、確実に実現できる合唱団だと自信を持って言えます。

そして素晴らしきピアニスト小原真知子先生は声楽家でもいらっしゃいますので、啓楼先生(普段はこうお呼びしています。)が多忙な時には、代わってまた違う角度から的確に指導して下さいます。
目黒知史先生も啓楼先生不在の時の心強い指導者で、今やTVでも大活躍ですね。細やかで分かり易い指導に、真面目で明るくて温厚なご性格、メンバー全員大好きな先生です。
それからこちらも素晴らしいスキルをお持ちの棟方真央先生。伴奏も素晴らしいのですが、とにかくいつも笑顔でキュートで可愛らしく、おばちゃんばかりの稽古場がパッと華やぎます

美しい楽曲に美しいハーモニーに素晴らしい指揮と伴奏をプリマヴェーラで一緒に体験しませんか?
お気軽に見学、または連絡をお待ちしていま~す!!
スポンサーサイト



☆★☆ 練習日程 ☆★☆

【2019年】
12月 2日(月)   桜木公民館        レクリエーションホール シーノ6F 13:00~15:00
12月 9日(月)   針ヶ谷公民館  会議室                                        13:00~15:00
12月16日(月)  生涯学習総合センター 音楽室                    シーノ8F 13:00~15:00
12月23日(月)  大宮中部公民館  レクリエーションホール                  13:00~15:00
12月30日(月) 休み

【2020年】
1月  6日(月) 上落合公民館      音楽室                                       13:00~15:00
1月13日(月・祝) 休み   
1月20日(月)   大宮中部公民館  レクリエーションホール                 13:00~15:00
1月27日(月)   桜木公民館        レクリエーションホール シーノ6F  13:00~15:00

2月 3日(月)   生涯学習総合センター 音楽室                    シーノ8F 13:00~15:00
2月10日(月)   桜木公民館        レクリエーションホール   シーノ6F  13:00~15:00   
2月17日(月)   大宮中部公民館  レクリエーションホール                 13:00~15:00
2月24日(月・祝)  休み   

2月29日(土)もしくは3月1日(日)でおかあさんコーラス埼玉県大会に出演予定です

気軽に見学にいらしてくださいね!!お待ちしておりま~す
練習日程 | Comments (0) | Trackbacks (-)

「第47回さいたま市民音楽祭おおみや」に出演しました

去る11月4日(月・祝)に大宮ソニックシティ 大ホールで開催されました「第47回さいたま市民音楽祭おおみや」に、指揮小原啓楼先生、ピアノ伴奏棟方真央先生で出演致しました。

演奏曲は ラインベルガー作曲「6つの讃歌」の中でいよいよ最後の曲となりました Quam admirabil。6曲の中でも一番難しいと言うメンバーもいて、トリップも沢山あり、勿論啓楼先生によるハードルも無数にちりばめられ、最後まで苦戦しておりました。
また今回アルトとソプラノがパートごとではなく、互い違いに並ぶという荒業に出ましたので、あの広いステージで孤独を感じたメンバーもいましたが、それもまた良しです(笑)各々の演奏のスキルも上がったことと思います。
しかしこれが1年、2年前だったら、きっともっと苦戦していたと、難しいながら今日までの日々の練習の積み重ねが、なんとかここまで形に出来たのだと実感致します。

演奏を終えて、頂いた音源を聴きまして、手前味噌ですが、これまでで一番素晴らしい演奏ができたんじゃないかと!!
勿論まだまだ足りないとことも直すべきところも満載ですが、気持ちの籠った大きな演奏が出来たように思います。
気付かなかったのですが先生方が言うには、演奏が始まるとそれまでざわついていた客席が突然シーンとなったそうです。
真央先生の素晴らしいピアノの音色にうっとり、そして私たちの演奏に向かう集中力が想いが、客席の皆さんにも届いたのかもしれませんね…届いているといいです。

今回もまたこのような美しい曲に出会い、歌わせて頂いたことに感謝です。

さて、次は来年2月29日(土)もしくは3月1日(日)に和光市民文化センター(サンアゼリア)で開催されます「第43回全日本おかあさんコーラス埼玉県大会」に出演を予定しています。
既に演奏曲も決まり、最高の演奏にしたいという想いでいっぱいです!!

頂いた講評の内容を抜粋して掲載します。
【浅見佳奈子先生】
ラインベルガーは私も大好きな作曲家です!優しくてあたたかい、祈りに満ちた素晴らしい曲ですね。
しっかりとした発声で堂々と歌い上げていらっしゃいました。
フレーズのヤマに向かって長いフレーズを引っぱって聴かせていたと思います。

20191104さいたま市民音楽祭おおみやa_convert_20191110133858
演奏記録 | Comments (0) | Trackbacks (-)

「第64回埼玉県合唱祭」に出演しました

去る6月1日(土)埼玉会館で開催されました「第64回埼玉県合唱祭」に、ピアノ伴奏は棟方真央先生、諸事情により指揮者はなしで出演致しました。

昨年から取り組んでいますラインベルガー作曲「6つの讃歌」より、1曲目はMemorare、2曲目はIncline domineを演奏しました。
やはりどちらも美しい曲で、故に大変難しくもあり、いつものように啓楼先生によって張り巡らされたハードルの高さや数と日々戦ってきました。

指揮はなくても、そこに啓楼先生の想いを感じながら(ぁお元気ですw)この日まで本当にたくさんご指導頂き、たくさん歌ってきたことを信じ、真央先生を信じ、メンバーを信じ、心を一つに未だかつてないほどの物凄い集中力で、迷うことなく歌い切りました。
正直、どう演奏をしたのかはほとんど覚えていないのですが、努力してきたことは何ひとつ無駄にしなかったと思いました。
啓楼先生がいらっしゃらなかったことは大変残念なことではありましたけれど、演奏を終えて、ただただ感謝の気持ちでいっぱいでした。
真央先生とメンバー間に深まった絆や、啓楼先生始め真知子先生に目黒先生のお顔も浮かび、みなさんが本当に大切な存在になっているのだと感じました。
プリマヴェーラにとってここ一番での演奏も大事だけれど、人としてもっと大事なこともあるのだよ、と思いがけず教えられた今回の出演でした。
この経験がなければ出会うことのなかったこの感動は、きっときっと今後の演奏活動に生かして行けると信じます。

そして既に次の本番に向けて、新しい曲に取り掛かっております。
これも素晴らしい楽曲で、プリマヴェーラとしてまたどんな演奏ができるのか、とてもわくわくしています。

講評と5団体の皆さんに頂いたいいねカードの内容を抜粋して掲載致します。
【講 評】
松原伸介先生
少人数ながらきれいな声で本当にていねいに演奏していました。
また、指揮がなかったのですが、ピアノ伴奏をしっかり聴いて、合わせようという気持ちがよく伝わってきました。
女声の優しさ、柔らかさは本当に伝わってきました。

大竹教子先生
指揮なしでもよく歌っていました。
各パートもよく歌っていました。
やさしく、気持ちよく感情豊かに歌われているので、基礎を頑張ってみてください。
もっとよくなります。

【いいねカード】
女声合唱団 きらり さん
落ち着いた色彩のシースルーの衣装とキラキラ輝くイヤリング、そして響きあうハーモニー がいいね♡

男声合唱団 APERTASS さん
美しい歌声、ハーモニー がいいね♡

ダンディーズ さん
清らかなユニゾンに好感を持ちました
13人にしては声が出ています

プリムローズ さん
衣装がきれいでとてもステキです
人数以上の歌声のひびきが聞こえてきました
歌詞を覚えるのは、きっと大変だったでしょうね

朝霞混声合唱団 さん
暗譜なんですね、すごすぎ
みなさん声がよく出ていて素敵でした
少人数のコーラスもなかなかいいですね

ありがとうございました!!
演奏記録 | Comments (0) | Trackbacks (-)

「第46回さいたま市民音楽祭おおみや」に出演しました

去る12月2日(日)大宮ソニックシティ大ホールで開催されました「第46回さいたま市民音楽祭おおみや」に、今回は指揮を小原啓楼先生、ピアノ伴奏を棟方真央先生にお願いし出演致しました。
新たなメンバー2名を迎え、新たな気分で、音の厚みが更に充実しました。

演奏曲はラインベルガー作曲「6つの讃歌」より Salve Regina
6月の埼玉県合唱祭で演奏したこのシリーズ(5,6番)の1番です。
この曲もまたとても美しい旋律で、ピアノ伴奏でありながら、オルガン曲であるその世界をたっぷりとした音色で、つまり恐ろしくゆっくりなテンポでの演奏でした。
ブレスがいちいちピンチハードルもどんどん高くなるばかりかどんどん増える勢いで小節ごとに、なんなら一音ごとに置かれて行くハードル!!
これぞ啓楼先生ワールドなんです(きっぱり!)。
しかし先生が超えられると信じて置かれるハードルを、やはり超えられると信じてそれぞれが挑んだ半年間であったような気がします。
完璧はなくても、ひとつでも多くのハードルを超えたいと思っていました。
実際、不思議なもので稽古場で一度も出来なかったことが本番のステージで出来たり、その逆も然り。
楽しく、そしてとてもスリリングなひとときでした。

演奏を終えて退場口を出ると、先生の知り合いのご婦人が待ち構えておられました。
なんとそこで、いきなり絶賛の嵐!!
流石!と先生を褒めて下さっていたのも嬉しかったです。
今回講評の先生方にも、これまでにないくらいたくさん褒めて頂きました。
勿論、まだまだ出来ていないところもたくさんあるのですが、先生が、私たちが、描こうとする世界が確かに表現できて、客席に届いていたということなんですよね。
またひとつステージが上がったんじゃないでしょうか!!
さぁ春の合唱祭に向けて、新たなチャレンジが始まります

最後に、講評の先生方の講評を抜粋して掲載致します。
【大貫浩史先生】
艶やかな声が、心地良くこの楽曲を紡いでくれていたと思います。
小原先生の教えを良く吸収されている結果だと思います。
どうしてもピアノ伴奏だと、横に歌うのが難しいのですが、その点もよく練習されていたのでしょう。
持続力のある歌唱に圧倒されました!
是非オルガンや小オケで聴いてみたい演奏でした!

【掛江みどり先生】
明るく伸びのある発声で 女声合唱ならではのやわらかく美しいサウンドを奏でて下さいました。
タテのハーモニーもよく整えられ ダイナミクスも併せ、フレーズの最後まで神経の行き届いた演奏でした。
素晴らしい指揮者(声楽家)に指導を受けられる幸せをかみしめて、更なる進化を目指して下さい。

ありがとうございました。
演奏記録 | Comments (0) | Trackbacks (-)
プロフィール

プリマヴェーラ

Author:プリマヴェーラ
プリマヴェーラのブログへようこそ!
プリマヴェーラは埼玉県さいたま市内で活動しています女声合唱団です。
現在多くの舞台で活躍中のプロのテノール歌手小原啓楼先生の熱いご指導の元‘むずかしいことを簡単に’を合言葉に、楽しさの中にそれぞれの人生を重ね合わせながらワイワイやっています!
埼玉県合唱祭、さいたま市民音楽祭おおみや、おかあさんコーラスを目標に日々チャレンジしています。
現在新しいメンバーを募集中ですので、お気軽に"カテゴリ"の「お問い合わせ」からご連絡くださいね。
心よりお待ちしております!!

最新コメント
アクセスカウンター